Chat now with support
Chat with Support

Welcome, erwin customers to Quest Support Portal click here for for frequently asked questions regarding servicing your supported assets.

DR Series DR6300 - オーナーズマニュアル

Dell DR6300 システム概要 技術仕様 システムの初期セットアップと設定 プレオペレーティングシステム管理アプリケーション
プレオペレーティングシステムアプリケーションを管理するためのオプション セットアップユーティリティ
セットアップユーティリティの表示 セットアップユーティリティ詳細 System BIOS(システム BIOS) iDRAC 設定ユーティリティ デバイス設定
Dell Lifecycle Controller 起動マネージャ PXE 起動
システムコンポーネントの取り付けと取り外し
安全にお使いいただくために システム内部の作業を始める前に システム内部の作業を終えた後に 推奨ツール 前面ベゼル(オプション) システムカバー 冷却エアフローカバー 冷却ファン 冷却ファンアセンブリ システムメモリ プロセッサとヒートシンク PCIe カードホルダ ケーブル固定ブラケット 内蔵ストレージコントローラカード 拡張カードと拡張カードライザー 内蔵デュアル SD モジュール(オプション) ネットワークドーターカード 内蔵 USB メモリキー(オプション) システムバッテリ 電源装置ユニット(PSU) システム基板 Trusted Platform Module ハードドライブ ハードドライブバックプレーン SD vFlash カード(オプション) コントロールパネルアセンブリ
システム診断プログラムの使用 ジャンパとコネクタ システムのトラブルシューティング
システム起動エラーのトラブルシューティング 外部接続のトラブルシューティング ビデオサブシステムのトラブルシューティング USB デバイスのトラブルシューティング iDRAC ダイレクト(USB XML 設定)のトラブルシューティング iDRAC ダイレクト(ノートブック接続)のトラブルシューティング シリアル I/O デバイスのトラブルシューティング NIC のトラブルシューティング システムが濡れた場合のトラブルシューティング システムが損傷した場合のトラブルシューティング システムバッテリーのトラブルシューティング 電源装置ユニットのトラブルシューティング 冷却問題のトラブルシューティング 冷却ファンのトラブルシューティング システムメモリのトラブルシューティング 内蔵 USB キーのトラブルシューティング SD カードのトラブルシューティング 光学ドライブのトラブルシューティング テープバックアップユニットのトラブルシューティング ハードドライブのトラブルシューティング ストレージコントローラのトラブルシューティング 拡張カードのトラブルシューティング プロセッサのトラブルシューティング システムメッセージ
困ったときは

メモリ設定の詳細

メモリ設定

Memory Settings(メモリ設定)画面を使用して、メモリの設定をすべて表示し、システムメモリのテストやノードのインターリービングなど特定のメモリ機能を有効または無効にできます。

メモリーの設定の表示

Memory Settings(メモリ設定)画面を表示するには、次の手順を実行します。

3.
System Setup Main Menu(セットアップユーティリティメインメニュー)画面で、System BIOS(システム BIOS)をクリックします。
4.
System BIOS(システム BIOS)画面で、 Memory Settings(メモリ設定)をクリックします。
メモリ設定の詳細

Memory Settings(メモリ設定)画面の詳細は、次の通りです。

システムの起動中にシステムメモリテストを実行するかどうかを設定します。オプションは Enabled(有効)および Disabled(無効)です。このオプションは、デフォルトで Disabled (無効)に設定されています。
メモリの動作モードを指定します。使用可能なオプションは、Optimizer Mode(オプティマイザモード)、Advanced ECC Mode(アドバンス ECC モード)、Mirror Mode(ミラーモード)、Spare Mode(スペアモード)、Spare with Advanced ECC Mode(スペア + アドバンス ECC モード)、Dell Fault Resilient Mode(Dell フォールトレジリエントモード)、およびDell NUMA Fault Resilient Mode(Dell NUMA フォールトレジリエントモード)です。このオプションは、デフォルトで Optimizer Mode(オプティマイザモード)に設定されています。
NOTE: Memory Operating Mode(メモリ動作モード)オプションには、お使いのシステムのメモリ構成に基づいて、異なるデフォルトおよび利用可能オプションがあります。
NOTE: Dell Fault Resilient Mode(Dell 耐障害性モード)オプションは、耐障害性を持つメモリ領域を確立します。このモードは、この機能をサポートするオペレーティングシステムによる、重要なアプリケーションのロード、またはオペレーティングシステムカーネルの有効化のための使用が可能で、システムの可用性を最大化します。
Non-Uniform Memory アーキテクチャ(NUMA)をサポートするかどうかを指定します。このフィールドが Enabled(有効)に設定されている場合、対称型メモリ構成がインストールされていれば、メモリインターリーブをサポートします。フィールドが Disabled(無効)に設定されている場合、システムはNUMA(非対称型)メモリ構成をサポートします。このオプションは、デフォルトで Disabled(無効)に設定されています。
スヌープモードのオプションを指定します。使用可能なスヌープモードのオプションは、Home Snoop(ホームスヌープ)、Early Snoop(アーリースヌープ)、Cluster on Die(クラスタオンダイ) です。このオプションは、デフォルトで Early Snoop(アーリースヌープ)に設定されています。Node Interleaving (ノードインターリーブ)が Disabled(無効)に設定されている場合のみ、このフィールドを使用できます。

プロセッサ設定

プロセッサ設定

Processor Setting(プロセッサ設定)画面を使用して、プロセッサ設定を表示し、仮想化テクノロジ、ハードウェアプリフェッチャ、論理プロセッサアイドリングなどの特定の機能を実行できます。

プロセッサ設定の表示

Processor Settings(プロセッサ設定)画面を表示するには、次の手順を実行します。

1.
2.
F2 = System Setup
3.
System Setup Main Menu(セットアップユーティリティメインメニュー)画面で、System BIOS(システム BIOS)をクリックします。
4.
System BIOS(システム BIOS)画面で Processor Settings(プロセッサ設定)をクリックします。
プロセッサ設定の詳細

Processor Setting(プロセッサ設定)画面の詳細は、次の通りです。

オプション
説明
Logical Processor(論理プロセッサ )
論理プロセッサの有効 / 無効を切り替えて論理プロセッサの数を表示します。このオプションが Enabled(有効)に設定されている場合、BIOS にはすべての論理プロセッサが表示されます。このオプションが Disabled(無効)に設定されている場合、BIOS にはコアにつきに 1 つの論理プロセッサのみが表示されます。このオプションは、デフォルトで Enabled(有効)に設定されています。
QPI Speed(QPI 速度)
QuickPath Interconnect データ率の設定の制御が可能になります。
Alternate RTID (Requestor Transaction ID) Setting(代替の RTID(リクエスタトランザクション ID)設定)
QPI リソースである要求元トランザクション ID を変更します。このオプションは、デフォルトで Disabled(無効)に設定されています。
Virtualization Technology(仮想化テクノロジ )
仮想化のために提供されている追加のハードウェア機能の有効 / 無効を切り替えます。このオプションは、デフォルトで Enabled(有効)に設定されています。
Address Translation Service (ATS)(アドレス変換サービス)
デバイスのアドレス変換キャッシュ(ATC)を定義して、DMA トランザクションをキャッシュします。このオプションは、チップセットのアドレス変換と保護テーブルに CPU と DMA メモリ管理間のインタフェースを提供し、DMA アドレスをホストアドレスに変換します。このオプションは、デフォルトで Enabled(有効)に設定されています。
Adjacent Cache Line Prefetch(隣接キャッシュラインのプリフェッチ )
シーケンシャルメモリアクセスの頻繁な使用を必要とするアプリケーション用にシステムを最適化します。このオプションは、デフォルトで Enabled(有効)に設定されています。このオプションは、ランダムメモリアクセスの高頻度の使用を必要とするアプリケーションには無効にできます。
Hardware Prefetcher(ハードウェアプリフェッチャ)
ハードウェアプリフェッチャーの有効 / 無効を切り替えます。このオプションは、デフォルトで Enabled(有効)に設定されています。
DCU Streamer Prefetcher(DCU ストリーマプリフェッチャ )
データキャッシュユニット(DCU)ストリーマプリフェッチャーの有効 / 無効を切り替えます。このオプションは、デフォルトで Enabled(有効)に設定されています。
DCU IP Prefetcher(DCU IP プリフェッチャ)
データキャッシュユニット(DCU)IP プリフェッチャーの有効 / 無効を切り替えます。このオプションは、デフォルトで Enabled(有効)に設定されています。
Execute Disable(無効化を実行する )
メモリ保護機能の無効化を実行できるようになります。このオプションは、デフォルトで Enabled(有効)に設定されています。
Logical Processor Idling(論理プロセッサのアイドリング)
システムのエネルギー効率を向上させることができます。これは、オペレーティングシステムのコアパーキングアルゴリズムを使用してシステム内の論理プロセッサの一部をパーキング状態にすることで、対応するプロセッサコアをより低い電力のアイドル状態に移行させます。このオプションは、オペレーティングシステムでサポートされている場合にのみ有効にできます。デフォルトでは Disabled(無効)に設定されています。
Configurable TDP(設定可能な TDP)
システムの電力および温度送出機能に基づいて、POST 中にプロセッサの熱設計電力(TDP)のレベルを再設定することができます。TDP は冷却システムが熱分散に必要な最大熱量を確認します。このオプションは、デフォルトで Nominal(公称)に設定されています。
X2Apic Mode(X2Apic モード)
X2Apic モードを有効または無効にします。
Dell Controlled Turbo
ターボエンゲージメントを制御します。このオプションは、System Profile(システムプロファイル)が Performance(パフォーマンス)に設定されている場合のみ有効にします。
Number of Cores per Processor(プロセッサごとのコア数 )
各プロセッサ内の有効なコアの数を制御します。このオプションは、デフォルトで All(すべて)に設定されています。
Processor 64-bit Support(プロセッサ 64 ビットサポート)
プロセッサが 64 ビット拡張をサポートするかどうかを指定します。
Processor Core Speed(プロセッサコアスピード )
プロセッサの最大コア周波数を指定します。
Processor 1(プロセッサ 1)
システムに取り付けられている各プロセッサについて、次の設定が表示されます。
オプション
説明
Family-Model-Stepping(シリーズ - モデル - ステッピング)
Intel によって定義されているとおりにプロセッサのシリーズ、モデル、およびステッピングを指定します。
Brand(ブランド)
ブランド名を指定します。
Level 2 Cache(レベル 2 キャッシュ)
L2 キャッシュの合計を指定します。
Level 3 Cache(レベル 3 キャッシュ)
L3 キャッシュの合計を指定します。
Number of Cores(コア数 )
プロセッサごとのコア数を指定します。

プロセッサ設定の表示

プロセッサ設定

プロセッサ設定の詳細

Processor Setting(プロセッサ設定)画面を使用して、プロセッサ設定を表示し、仮想化テクノロジ、ハードウェアプリフェッチャ、論理プロセッサアイドリングなどの特定の機能を実行できます。

プロセッサ設定の表示

Processor Settings(プロセッサ設定)画面を表示するには、次の手順を実行します。

1.
2.
F2 = System Setup
3.
System Setup Main Menu(セットアップユーティリティメインメニュー)画面で、System BIOS(システム BIOS)をクリックします。
4.
System BIOS(システム BIOS)画面で Processor Settings(プロセッサ設定)をクリックします。
プロセッサ設定の詳細

Processor Setting(プロセッサ設定)画面の詳細は、次の通りです。

オプション
説明
Logical Processor(論理プロセッサ )
論理プロセッサの有効 / 無効を切り替えて論理プロセッサの数を表示します。このオプションが Enabled(有効)に設定されている場合、BIOS にはすべての論理プロセッサが表示されます。このオプションが Disabled(無効)に設定されている場合、BIOS にはコアにつきに 1 つの論理プロセッサのみが表示されます。このオプションは、デフォルトで Enabled(有効)に設定されています。
QPI Speed(QPI 速度)
QuickPath Interconnect データ率の設定の制御が可能になります。
Alternate RTID (Requestor Transaction ID) Setting(代替の RTID(リクエスタトランザクション ID)設定)
QPI リソースである要求元トランザクション ID を変更します。このオプションは、デフォルトで Disabled(無効)に設定されています。
Virtualization Technology(仮想化テクノロジ )
仮想化のために提供されている追加のハードウェア機能の有効 / 無効を切り替えます。このオプションは、デフォルトで Enabled(有効)に設定されています。
Address Translation Service (ATS)(アドレス変換サービス)
デバイスのアドレス変換キャッシュ(ATC)を定義して、DMA トランザクションをキャッシュします。このオプションは、チップセットのアドレス変換と保護テーブルに CPU と DMA メモリ管理間のインタフェースを提供し、DMA アドレスをホストアドレスに変換します。このオプションは、デフォルトで Enabled(有効)に設定されています。
Adjacent Cache Line Prefetch(隣接キャッシュラインのプリフェッチ )
シーケンシャルメモリアクセスの頻繁な使用を必要とするアプリケーション用にシステムを最適化します。このオプションは、デフォルトで Enabled(有効)に設定されています。このオプションは、ランダムメモリアクセスの高頻度の使用を必要とするアプリケーションには無効にできます。
Hardware Prefetcher(ハードウェアプリフェッチャ)
ハードウェアプリフェッチャーの有効 / 無効を切り替えます。このオプションは、デフォルトで Enabled(有効)に設定されています。
DCU Streamer Prefetcher(DCU ストリーマプリフェッチャ )
データキャッシュユニット(DCU)ストリーマプリフェッチャーの有効 / 無効を切り替えます。このオプションは、デフォルトで Enabled(有効)に設定されています。
DCU IP Prefetcher(DCU IP プリフェッチャ)
データキャッシュユニット(DCU)IP プリフェッチャーの有効 / 無効を切り替えます。このオプションは、デフォルトで Enabled(有効)に設定されています。
Execute Disable(無効化を実行する )
メモリ保護機能の無効化を実行できるようになります。このオプションは、デフォルトで Enabled(有効)に設定されています。
Logical Processor Idling(論理プロセッサのアイドリング)
システムのエネルギー効率を向上させることができます。これは、オペレーティングシステムのコアパーキングアルゴリズムを使用してシステム内の論理プロセッサの一部をパーキング状態にすることで、対応するプロセッサコアをより低い電力のアイドル状態に移行させます。このオプションは、オペレーティングシステムでサポートされている場合にのみ有効にできます。デフォルトでは Disabled(無効)に設定されています。
Configurable TDP(設定可能な TDP)
システムの電力および温度送出機能に基づいて、POST 中にプロセッサの熱設計電力(TDP)のレベルを再設定することができます。TDP は冷却システムが熱分散に必要な最大熱量を確認します。このオプションは、デフォルトで Nominal(公称)に設定されています。
X2Apic Mode(X2Apic モード)
X2Apic モードを有効または無効にします。
Dell Controlled Turbo
ターボエンゲージメントを制御します。このオプションは、System Profile(システムプロファイル)が Performance(パフォーマンス)に設定されている場合のみ有効にします。
Number of Cores per Processor(プロセッサごとのコア数 )
各プロセッサ内の有効なコアの数を制御します。このオプションは、デフォルトで All(すべて)に設定されています。
Processor 64-bit Support(プロセッサ 64 ビットサポート)
プロセッサが 64 ビット拡張をサポートするかどうかを指定します。
Processor Core Speed(プロセッサコアスピード )
プロセッサの最大コア周波数を指定します。
Processor 1(プロセッサ 1)
システムに取り付けられている各プロセッサについて、次の設定が表示されます。
オプション
説明
Family-Model-Stepping(シリーズ - モデル - ステッピング)
Intel によって定義されているとおりにプロセッサのシリーズ、モデル、およびステッピングを指定します。
Brand(ブランド)
ブランド名を指定します。
Level 2 Cache(レベル 2 キャッシュ)
L2 キャッシュの合計を指定します。
Level 3 Cache(レベル 3 キャッシュ)
L3 キャッシュの合計を指定します。
Number of Cores(コア数 )
プロセッサごとのコア数を指定します。

プロセッサ設定の詳細

プロセッサ設定

プロセッサ設定の詳細

Processor Setting(プロセッサ設定)画面を使用して、プロセッサ設定を表示し、仮想化テクノロジ、ハードウェアプリフェッチャ、論理プロセッサアイドリングなどの特定の機能を実行できます。

プロセッサ設定の表示

Processor Settings(プロセッサ設定)画面を表示するには、次の手順を実行します。

1.
2.
F2 = System Setup
3.
System Setup Main Menu(セットアップユーティリティメインメニュー)画面で、System BIOS(システム BIOS)をクリックします。
4.
System BIOS(システム BIOS)画面で Processor Settings(プロセッサ設定)をクリックします。
プロセッサ設定の詳細

Processor Setting(プロセッサ設定)画面の詳細は、次の通りです。

オプション
説明
Logical Processor(論理プロセッサ )
論理プロセッサの有効 / 無効を切り替えて論理プロセッサの数を表示します。このオプションが Enabled(有効)に設定されている場合、BIOS にはすべての論理プロセッサが表示されます。このオプションが Disabled(無効)に設定されている場合、BIOS にはコアにつきに 1 つの論理プロセッサのみが表示されます。このオプションは、デフォルトで Enabled(有効)に設定されています。
QPI Speed(QPI 速度)
QuickPath Interconnect データ率の設定の制御が可能になります。
Alternate RTID (Requestor Transaction ID) Setting(代替の RTID(リクエスタトランザクション ID)設定)
QPI リソースである要求元トランザクション ID を変更します。このオプションは、デフォルトで Disabled(無効)に設定されています。
Virtualization Technology(仮想化テクノロジ )
仮想化のために提供されている追加のハードウェア機能の有効 / 無効を切り替えます。このオプションは、デフォルトで Enabled(有効)に設定されています。
Address Translation Service (ATS)(アドレス変換サービス)
デバイスのアドレス変換キャッシュ(ATC)を定義して、DMA トランザクションをキャッシュします。このオプションは、チップセットのアドレス変換と保護テーブルに CPU と DMA メモリ管理間のインタフェースを提供し、DMA アドレスをホストアドレスに変換します。このオプションは、デフォルトで Enabled(有効)に設定されています。
Adjacent Cache Line Prefetch(隣接キャッシュラインのプリフェッチ )
シーケンシャルメモリアクセスの頻繁な使用を必要とするアプリケーション用にシステムを最適化します。このオプションは、デフォルトで Enabled(有効)に設定されています。このオプションは、ランダムメモリアクセスの高頻度の使用を必要とするアプリケーションには無効にできます。
Hardware Prefetcher(ハードウェアプリフェッチャ)
ハードウェアプリフェッチャーの有効 / 無効を切り替えます。このオプションは、デフォルトで Enabled(有効)に設定されています。
DCU Streamer Prefetcher(DCU ストリーマプリフェッチャ )
データキャッシュユニット(DCU)ストリーマプリフェッチャーの有効 / 無効を切り替えます。このオプションは、デフォルトで Enabled(有効)に設定されています。
DCU IP Prefetcher(DCU IP プリフェッチャ)
データキャッシュユニット(DCU)IP プリフェッチャーの有効 / 無効を切り替えます。このオプションは、デフォルトで Enabled(有効)に設定されています。
Execute Disable(無効化を実行する )
メモリ保護機能の無効化を実行できるようになります。このオプションは、デフォルトで Enabled(有効)に設定されています。
Logical Processor Idling(論理プロセッサのアイドリング)
システムのエネルギー効率を向上させることができます。これは、オペレーティングシステムのコアパーキングアルゴリズムを使用してシステム内の論理プロセッサの一部をパーキング状態にすることで、対応するプロセッサコアをより低い電力のアイドル状態に移行させます。このオプションは、オペレーティングシステムでサポートされている場合にのみ有効にできます。デフォルトでは Disabled(無効)に設定されています。
Configurable TDP(設定可能な TDP)
システムの電力および温度送出機能に基づいて、POST 中にプロセッサの熱設計電力(TDP)のレベルを再設定することができます。TDP は冷却システムが熱分散に必要な最大熱量を確認します。このオプションは、デフォルトで Nominal(公称)に設定されています。
X2Apic Mode(X2Apic モード)
X2Apic モードを有効または無効にします。
Dell Controlled Turbo
ターボエンゲージメントを制御します。このオプションは、System Profile(システムプロファイル)が Performance(パフォーマンス)に設定されている場合のみ有効にします。
Number of Cores per Processor(プロセッサごとのコア数 )
各プロセッサ内の有効なコアの数を制御します。このオプションは、デフォルトで All(すべて)に設定されています。
Processor 64-bit Support(プロセッサ 64 ビットサポート)
プロセッサが 64 ビット拡張をサポートするかどうかを指定します。
Processor Core Speed(プロセッサコアスピード )
プロセッサの最大コア周波数を指定します。
Processor 1(プロセッサ 1)
システムに取り付けられている各プロセッサについて、次の設定が表示されます。
オプション
説明
Family-Model-Stepping(シリーズ - モデル - ステッピング)
Intel によって定義されているとおりにプロセッサのシリーズ、モデル、およびステッピングを指定します。
Brand(ブランド)
ブランド名を指定します。
Level 2 Cache(レベル 2 キャッシュ)
L2 キャッシュの合計を指定します。
Level 3 Cache(レベル 3 キャッシュ)
L3 キャッシュの合計を指定します。
Number of Cores(コア数 )
プロセッサごとのコア数を指定します。
Related Documents

The document was helpful.

Select Rating

I easily found the information I needed.

Select Rating