Chat now with support
Chat with Support

Welcome, erwin customers to Quest Support Portal click here for for frequently asked questions regarding servicing your supported assets.

DR Series DR4300e - オーナーズマニュアル

Dell DR4300e システム概要 技術仕様 システムの初期セットアップと設定 プレオペレーティングシステム管理アプリケーション
プレオペレーティングシステムアプリケーションを管理するためのオプション セットアップユーティリティ
セットアップユーティリティの表示 セットアップユーティリティ詳細 System BIOS(システム BIOS) iDRAC 設定ユーティリティ デバイス設定
Dell Lifecycle Controller 起動マネージャ PXE 起動
システムコンポーネントの取り付けと取り外し
安全にお使いいただくために システム内部の作業を始める前に システム内部の作業を終えた後に 推奨ツール 前面ベゼル(オプション) システムカバー 冷却エアフローカバー 冷却ファン 冷却ファンアセンブリ システムメモリ プロセッサとヒートシンク PCIe カードホルダ ケーブル固定ブラケット 内蔵ストレージコントローラカード 拡張カードと拡張カードライザー 内蔵デュアル SD モジュール(オプション) ネットワークドーターカード 内蔵 USB メモリキー(オプション) システムバッテリ 電源装置ユニット(PSU) システム基板 Trusted Platform Module ハードドライブ ハードドライブバックプレーン SD vFlash カード(オプション) コントロールパネルアセンブリ
システム診断プログラムの使用 ジャンパとコネクタ システムのトラブルシューティング
システム起動エラーのトラブルシューティング 外部接続のトラブルシューティング ビデオサブシステムのトラブルシューティング USB デバイスのトラブルシューティング iDRAC ダイレクト(USB XML 設定)のトラブルシューティング iDRAC ダイレクト(ノートブック接続)のトラブルシューティング シリアル I/O デバイスのトラブルシューティング NIC のトラブルシューティング システムが濡れた場合のトラブルシューティング システムが損傷した場合のトラブルシューティング システムバッテリーのトラブルシューティング 電源装置ユニットのトラブルシューティング 冷却問題のトラブルシューティング 冷却ファンのトラブルシューティング システムメモリのトラブルシューティング 内蔵 USB キーのトラブルシューティング SD カードのトラブルシューティング 光学ドライブのトラブルシューティング テープバックアップユニットのトラブルシューティング ハードドライブのトラブルシューティング ストレージコントローラのトラブルシューティング 拡張カードのトラブルシューティング プロセッサのトラブルシューティング システムメッセージ
困ったときは

Miscellaneous Settings(その他の設定)画面を使用して、アセットタグの更新やシステムの日付と時刻の変更などの特定の機能を実行できます。

その他の設定の表示

Miscellaneous Settings (その他の設定)画面を表示するには、次の手順を実行してください。

3.
System Setup Main Menu(システムセットアップメインメニュー)画面で、System BIOS(システム BIOS)をクリックします。
4.
System BIOS(システム BIOS)画面で、 Miscellaneous Settings(その他の設定)をクリックします。
その他の設定の詳細

Miscellaneous Settings(その他の設定)画面の詳細は、次の通りです。

エラー時に F1/ F2 プロンプトを有効または無効にします。このオプションは、デフォルトで Enabled(有効)に設定されています。F1/ F2 プロンプトもキーボードエラーを含みます。
システム BIOS でビデオコントローラからレガシービデオ(INT 10H)オプション ROM をロードするかどうかを決定できます。オペレーティングシステムで Enabled(有効)を選択すると、UEFI ビデオ出力標準をサポートしません。このフィールドは UEFI 起動モードでのみ有効です。UEFI Secure Boot(UEFI セキュアブート)モードが Enabled(有効)の場合は、このオプションを有効に設定できません。
In-System Characterization(インシステムキャラクタライゼーション)を有効または無効にします。このオプションははデフォルトで Disabled(無効)に設定されています。他の 2 つのオプションは、Enabled(有効) および Enabled - No Reboot(有効 - 再起動なし)です。
NOTE: In-System Characterization(インシステムキャラクタライゼーション)のデフォルト設定は今後の BIOS のリリースで変更されることがあります。
有効の場合、システム設定に関連する変更を検知すると POST 中にインシステムキャラクタライゼーション(ISC)が実行され、システムの電力とパフォーマンスを最適化します。ISC の実行には約 20 秒かかり、ISC の結果を適用するにはシステムをリセットする必要があります。Enabled - No Reboot(有効 - 再起動なし)オプションでは、ISC を実行し、次のシステムのリセットが発生するまで ISC の結果を適用せずに継続します。Enabled(有効)オプションでは、ISC を実行し、ISC の結果が適用されるようシステムのリセットをただちに強制します。システムの強制リセットのため、システムの準備にはより長い時間がかかります。無効の場合は、ISC は実行されません。

その他の設定の表示

その他の設定

Miscellaneous Settings(その他の設定)画面を使用して、アセットタグの更新やシステムの日付と時刻の変更などの特定の機能を実行できます。

その他の設定の表示

Miscellaneous Settings (その他の設定)画面を表示するには、次の手順を実行してください。

1.
2.
F2 = System Setup
3.
System Setup Main Menu(システムセットアップメインメニュー)画面で、System BIOS(システム BIOS)をクリックします。
4.
System BIOS(システム BIOS)画面で、 Miscellaneous Settings(その他の設定)をクリックします。
その他の設定の詳細

Miscellaneous Settings(その他の設定)画面の詳細は、次の通りです。

オプション
説明
System Time(システム時刻)
システムの時刻を設定することができます。
System Date(システム日付)
システムの日付を設定することができます。
Asset Tag(資産タグ)
資産タグを指定して、セキュリティと追跡のために変更することができます。
Keyboard NumLock(キーボードNumLock)
NumLock が有効または無効のどちらの状態でシステムが起動するかを設定できます。デフォルトでは、このオプションは On(オン)に設定されています。
F1/F2 Prompt on Error(エラー時 F1/F2 プロンプト)
エラー時に F1/ F2 プロンプトを有効または無効にします。このオプションは、デフォルトで Enabled(有効)に設定されています。F1/ F2 プロンプトもキーボードエラーを含みます。
Load Legacy Video Option ROM(レガシービデオオプション ROM のロード)
システム BIOS でビデオコントローラからレガシービデオ(INT 10H)オプション ROM をロードするかどうかを決定できます。オペレーティングシステムで Enabled(有効)を選択すると、UEFI ビデオ出力標準をサポートしません。このフィールドは UEFI 起動モードでのみ有効です。UEFI Secure Boot(UEFI セキュアブート)モードが Enabled(有効)の場合は、このオプションを有効に設定できません。
In-System Characterization(インシステムキャラクタライゼーション)
In-System Characterization(インシステムキャラクタライゼーション)を有効または無効にします。このオプションははデフォルトで Disabled(無効)に設定されています。他の 2 つのオプションは、Enabled(有効) および Enabled - No Reboot(有効 - 再起動なし)です。
NOTE: In-System Characterization(インシステムキャラクタライゼーション)のデフォルト設定は今後の BIOS のリリースで変更されることがあります。
有効の場合、システム設定に関連する変更を検知すると POST 中にインシステムキャラクタライゼーション(ISC)が実行され、システムの電力とパフォーマンスを最適化します。ISC の実行には約 20 秒かかり、ISC の結果を適用するにはシステムをリセットする必要があります。Enabled - No Reboot(有効 - 再起動なし)オプションでは、ISC を実行し、次のシステムのリセットが発生するまで ISC の結果を適用せずに継続します。Enabled(有効)オプションでは、ISC を実行し、ISC の結果が適用されるようシステムのリセットをただちに強制します。システムの強制リセットのため、システムの準備にはより長い時間がかかります。無効の場合は、ISC は実行されません。

その他の設定の詳細

その他の設定

その他の設定の詳細

Miscellaneous Settings(その他の設定)画面を使用して、アセットタグの更新やシステムの日付と時刻の変更などの特定の機能を実行できます。

その他の設定の表示

Miscellaneous Settings (その他の設定)画面を表示するには、次の手順を実行してください。

1.
2.
F2 = System Setup
3.
System Setup Main Menu(システムセットアップメインメニュー)画面で、System BIOS(システム BIOS)をクリックします。
4.
System BIOS(システム BIOS)画面で、 Miscellaneous Settings(その他の設定)をクリックします。
その他の設定の詳細

Miscellaneous Settings(その他の設定)画面の詳細は、次の通りです。

オプション
説明
System Time(システム時刻)
システムの時刻を設定することができます。
System Date(システム日付)
システムの日付を設定することができます。
Asset Tag(資産タグ)
資産タグを指定して、セキュリティと追跡のために変更することができます。
Keyboard NumLock(キーボードNumLock)
NumLock が有効または無効のどちらの状態でシステムが起動するかを設定できます。デフォルトでは、このオプションは On(オン)に設定されています。
F1/F2 Prompt on Error(エラー時 F1/F2 プロンプト)
エラー時に F1/ F2 プロンプトを有効または無効にします。このオプションは、デフォルトで Enabled(有効)に設定されています。F1/ F2 プロンプトもキーボードエラーを含みます。
Load Legacy Video Option ROM(レガシービデオオプション ROM のロード)
システム BIOS でビデオコントローラからレガシービデオ(INT 10H)オプション ROM をロードするかどうかを決定できます。オペレーティングシステムで Enabled(有効)を選択すると、UEFI ビデオ出力標準をサポートしません。このフィールドは UEFI 起動モードでのみ有効です。UEFI Secure Boot(UEFI セキュアブート)モードが Enabled(有効)の場合は、このオプションを有効に設定できません。
In-System Characterization(インシステムキャラクタライゼーション)
In-System Characterization(インシステムキャラクタライゼーション)を有効または無効にします。このオプションははデフォルトで Disabled(無効)に設定されています。他の 2 つのオプションは、Enabled(有効) および Enabled - No Reboot(有効 - 再起動なし)です。
NOTE: In-System Characterization(インシステムキャラクタライゼーション)のデフォルト設定は今後の BIOS のリリースで変更されることがあります。
有効の場合、システム設定に関連する変更を検知すると POST 中にインシステムキャラクタライゼーション(ISC)が実行され、システムの電力とパフォーマンスを最適化します。ISC の実行には約 20 秒かかり、ISC の結果を適用するにはシステムをリセットする必要があります。Enabled - No Reboot(有効 - 再起動なし)オプションでは、ISC を実行し、次のシステムのリセットが発生するまで ISC の結果を適用せずに継続します。Enabled(有効)オプションでは、ISC を実行し、ISC の結果が適用されるようシステムのリセットをただちに強制します。システムの強制リセットのため、システムの準備にはより長い時間がかかります。無効の場合は、ISC は実行されません。

iDRAC 設定ユーティリティ

iDRAC 設定ユーティリティ

温度設定の変更

iDRAC 設定ユーティリティは、UEFI を使用して iDRAC パラメータをセットアップおよび設定するためのインタフェースです。iDRAC 設定ユーティリティを使用して、さまざまな iDRAC パラメータを有効または無効にできます。

iDRAC 使用についての詳細に関しては、Dell.com/idracmanuals で『Dell Integrated Dell Remote Access Controller User's Guide』(Dell Integrated Dell Remote Access Controller ユーザーズガイド)を参照してください。

Related Documents

The document was helpful.

Select Rating

I easily found the information I needed.

Select Rating