Chat now with support
Chat with Support

Welcome, erwin customers to Quest Support Portal click here for for frequently asked questions regarding servicing your supported assets.

DR Series DR4300e - オーナーズマニュアル

Dell DR4300e システム概要 技術仕様 システムの初期セットアップと設定 プレオペレーティングシステム管理アプリケーション
プレオペレーティングシステムアプリケーションを管理するためのオプション セットアップユーティリティ
セットアップユーティリティの表示 セットアップユーティリティ詳細 System BIOS(システム BIOS) iDRAC 設定ユーティリティ デバイス設定
Dell Lifecycle Controller 起動マネージャ PXE 起動
システムコンポーネントの取り付けと取り外し
安全にお使いいただくために システム内部の作業を始める前に システム内部の作業を終えた後に 推奨ツール 前面ベゼル(オプション) システムカバー 冷却エアフローカバー 冷却ファン 冷却ファンアセンブリ システムメモリ プロセッサとヒートシンク PCIe カードホルダ ケーブル固定ブラケット 内蔵ストレージコントローラカード 拡張カードと拡張カードライザー 内蔵デュアル SD モジュール(オプション) ネットワークドーターカード 内蔵 USB メモリキー(オプション) システムバッテリ 電源装置ユニット(PSU) システム基板 Trusted Platform Module ハードドライブ ハードドライブバックプレーン SD vFlash カード(オプション) コントロールパネルアセンブリ
システム診断プログラムの使用 ジャンパとコネクタ システムのトラブルシューティング
システム起動エラーのトラブルシューティング 外部接続のトラブルシューティング ビデオサブシステムのトラブルシューティング USB デバイスのトラブルシューティング iDRAC ダイレクト(USB XML 設定)のトラブルシューティング iDRAC ダイレクト(ノートブック接続)のトラブルシューティング シリアル I/O デバイスのトラブルシューティング NIC のトラブルシューティング システムが濡れた場合のトラブルシューティング システムが損傷した場合のトラブルシューティング システムバッテリーのトラブルシューティング 電源装置ユニットのトラブルシューティング 冷却問題のトラブルシューティング 冷却ファンのトラブルシューティング システムメモリのトラブルシューティング 内蔵 USB キーのトラブルシューティング SD カードのトラブルシューティング 光学ドライブのトラブルシューティング テープバックアップユニットのトラブルシューティング ハードドライブのトラブルシューティング ストレージコントローラのトラブルシューティング 拡張カードのトラブルシューティング プロセッサのトラブルシューティング システムメッセージ
困ったときは

Boot Settings(起動設定)画面を使用して、起動モードを BIOS、または UEFI に設定することができます。起動順序を指定することも可能です。

起動設定の表示

Boot Settings (起動設定)画面を表示するには、次の手順を実行してください。

3.
System Setup Main Menu(システムセットアップメインメニュー)画面で、System BIOS(システム BIOS)をクリックします。
4.
System BIOS(システム BIOS)画面で、 Boot Settings(起動設定)をクリックします。
起動設定の詳細

Boot Settings(起動設定)画面の詳細は、次の通りです。

OS が UEFI をサポートしている場合は、このオプションを UEFI に設定できます。このフィールドを BIOS に設定すると、UEFI 非対応の OS との互換性が有効になります。このオプションは、デフォルトで BIOS に設定されています。
NOTE: このフィールドを UEFI に設定すると、BIOS Boot Settings(BIOS 起動設定)メニューが無効になります。このフィールドを BIOS に設定すると、UEFI Boot Settings(UEFI 起動設定)メニューが無効になります。
起動順序再試行の機能の有効 / 無効を切り替えます。このオプションが Enabled(有効)に設定された状態でシステムが起動に失敗した場合、システムは 30 秒後に起動シーケンスを再試行します。このオプションは、デフォルトで Enabled(有効)に設定されています。
障害が発生しているハードドライブを特定します。Boot Option Setting(起動オプション設定)メニューの Hard-Disk Drive Sequence(ハードディスクドライブ順序)でデバイスを選択します。このオプションが Disabled(無効)に設定されている場合は、リストの始めにあるハードドライブのみ起動を試みます。このオプションが Enabled(有効)に設定されている場合は、Hard-Disk Drive Sequence(ハードディスクドライブ順序)で選択した順にすべてのハードドライブの起動を試みます。このオプションは、UEFI 起動モードでは有効にできません。
UEFI 起動オプションを有効または無効にします。起動オプションには IPv4 PXE および IPv6 PXE が含まれます。このオプションは、デフォルトで IPv4 に設定されています。
システム起動モードの選択

セットアップユーティリティ では、以下のオペレーティングシステムのいずれかのインストール用起動モードを指定することができます。

1.
System Setup Main Menu(セットアップユーティリティのメインメニュー)で、Boot Settings(起動設定)をクリックし、Boot Mode(起動モード)を選択します。
NOTE: 対応オペレーティングシステムの最新情報については、Dell.com/ossupport にアクセスしてください。
起動順序の変更

USB キーから起動する場合は、起動順序を変更する必要がある場合があります。Boot Mode(起動モード)で BIOS を選択した場合は、以下の手順が異なる可能性があります。

1.
System Setup Main Menu(セットアップユーティリティのメインメニュー)画面で、System BIOS(システム BIOS) > Boot Settings(起動設定)の順にクリックします。
2.
Boot Option Settings(起動オプション設定) > Boot Sequence(起動順序)をクリックします。
4.
終了時に設定を保存するには、Exit(終了)をクリックして、Yes(はい)をクリックします。

システム起動モードの選択

起動設定

Boot Settings(起動設定)画面を使用して、起動モードを BIOS、または UEFI に設定することができます。起動順序を指定することも可能です。

起動設定の表示

Boot Settings (起動設定)画面を表示するには、次の手順を実行してください。

1.
2.
F2 = System Setup
3.
System Setup Main Menu(システムセットアップメインメニュー)画面で、System BIOS(システム BIOS)をクリックします。
4.
System BIOS(システム BIOS)画面で、 Boot Settings(起動設定)をクリックします。
起動設定の詳細

Boot Settings(起動設定)画面の詳細は、次の通りです。

オプション
説明
Boot Mode(起動モード)
システムの起動モードを設定できます。
OS が UEFI をサポートしている場合は、このオプションを UEFI に設定できます。このフィールドを BIOS に設定すると、UEFI 非対応の OS との互換性が有効になります。このオプションは、デフォルトで BIOS に設定されています。
NOTE: このフィールドを UEFI に設定すると、BIOS Boot Settings(BIOS 起動設定)メニューが無効になります。このフィールドを BIOS に設定すると、UEFI Boot Settings(UEFI 起動設定)メニューが無効になります。
Boot Sequence Retry(起動順序再試行)
起動順序再試行の機能の有効 / 無効を切り替えます。このオプションが Enabled(有効)に設定された状態でシステムが起動に失敗した場合、システムは 30 秒後に起動シーケンスを再試行します。このオプションは、デフォルトで Enabled(有効)に設定されています。
Hard-Disk Failover(ハードディスクフェイルオーバー)
障害が発生しているハードドライブを特定します。Boot Option Setting(起動オプション設定)メニューの Hard-Disk Drive Sequence(ハードディスクドライブ順序)でデバイスを選択します。このオプションが Disabled(無効)に設定されている場合は、リストの始めにあるハードドライブのみ起動を試みます。このオプションが Enabled(有効)に設定されている場合は、Hard-Disk Drive Sequence(ハードディスクドライブ順序)で選択した順にすべてのハードドライブの起動を試みます。このオプションは、UEFI 起動モードでは有効にできません。
Boot Option Settings(起動オプション設定)
起動順序と起動デバイスを設定します。
BIOS Boot Settings(BIOS 起動設定)
BIOS 起動オプションを有効または無効にします。
UEFI Boot Settings(UEFI 起動設定)
UEFI 起動オプションを有効または無効にします。起動オプションには IPv4 PXE および IPv6 PXE が含まれます。このオプションは、デフォルトで IPv4 に設定されています。
システム起動モードの選択

セットアップユーティリティ では、以下のオペレーティングシステムのいずれかのインストール用起動モードを指定することができます。

1.
System Setup Main Menu(セットアップユーティリティのメインメニュー)で、Boot Settings(起動設定)をクリックし、Boot Mode(起動モード)を選択します。
2.
3.
NOTE: 対応オペレーティングシステムの最新情報については、Dell.com/ossupport にアクセスしてください。
起動順序の変更

USB キーから起動する場合は、起動順序を変更する必要がある場合があります。Boot Mode(起動モード)で BIOS を選択した場合は、以下の手順が異なる可能性があります。

1.
System Setup Main Menu(セットアップユーティリティのメインメニュー)画面で、System BIOS(システム BIOS) > Boot Settings(起動設定)の順にクリックします。
2.
Boot Option Settings(起動オプション設定) > Boot Sequence(起動順序)をクリックします。
3.
4.
終了時に設定を保存するには、Exit(終了)をクリックして、Yes(はい)をクリックします。

起動順序の変更

起動設定

起動設定の詳細
システム起動モードの選択
起動順序の変更

Boot Settings(起動設定)画面を使用して、起動モードを BIOS、または UEFI に設定することができます。起動順序を指定することも可能です。

起動設定の表示

Boot Settings (起動設定)画面を表示するには、次の手順を実行してください。

1.
2.
F2 = System Setup
3.
System Setup Main Menu(システムセットアップメインメニュー)画面で、System BIOS(システム BIOS)をクリックします。
4.
System BIOS(システム BIOS)画面で、 Boot Settings(起動設定)をクリックします。
起動設定の詳細

Boot Settings(起動設定)画面の詳細は、次の通りです。

オプション
説明
Boot Mode(起動モード)
システムの起動モードを設定できます。
OS が UEFI をサポートしている場合は、このオプションを UEFI に設定できます。このフィールドを BIOS に設定すると、UEFI 非対応の OS との互換性が有効になります。このオプションは、デフォルトで BIOS に設定されています。
NOTE: このフィールドを UEFI に設定すると、BIOS Boot Settings(BIOS 起動設定)メニューが無効になります。このフィールドを BIOS に設定すると、UEFI Boot Settings(UEFI 起動設定)メニューが無効になります。
Boot Sequence Retry(起動順序再試行)
起動順序再試行の機能の有効 / 無効を切り替えます。このオプションが Enabled(有効)に設定された状態でシステムが起動に失敗した場合、システムは 30 秒後に起動シーケンスを再試行します。このオプションは、デフォルトで Enabled(有効)に設定されています。
Hard-Disk Failover(ハードディスクフェイルオーバー)
障害が発生しているハードドライブを特定します。Boot Option Setting(起動オプション設定)メニューの Hard-Disk Drive Sequence(ハードディスクドライブ順序)でデバイスを選択します。このオプションが Disabled(無効)に設定されている場合は、リストの始めにあるハードドライブのみ起動を試みます。このオプションが Enabled(有効)に設定されている場合は、Hard-Disk Drive Sequence(ハードディスクドライブ順序)で選択した順にすべてのハードドライブの起動を試みます。このオプションは、UEFI 起動モードでは有効にできません。
Boot Option Settings(起動オプション設定)
起動順序と起動デバイスを設定します。
BIOS Boot Settings(BIOS 起動設定)
BIOS 起動オプションを有効または無効にします。
UEFI Boot Settings(UEFI 起動設定)
UEFI 起動オプションを有効または無効にします。起動オプションには IPv4 PXE および IPv6 PXE が含まれます。このオプションは、デフォルトで IPv4 に設定されています。
システム起動モードの選択

セットアップユーティリティ では、以下のオペレーティングシステムのいずれかのインストール用起動モードを指定することができます。

1.
System Setup Main Menu(セットアップユーティリティのメインメニュー)で、Boot Settings(起動設定)をクリックし、Boot Mode(起動モード)を選択します。
2.
3.
NOTE: 対応オペレーティングシステムの最新情報については、Dell.com/ossupport にアクセスしてください。
起動順序の変更

USB キーから起動する場合は、起動順序を変更する必要がある場合があります。Boot Mode(起動モード)で BIOS を選択した場合は、以下の手順が異なる可能性があります。

1.
System Setup Main Menu(セットアップユーティリティのメインメニュー)画面で、System BIOS(システム BIOS) > Boot Settings(起動設定)の順にクリックします。
2.
Boot Option Settings(起動オプション設定) > Boot Sequence(起動順序)をクリックします。
3.
4.
終了時に設定を保存するには、Exit(終了)をクリックして、Yes(はい)をクリックします。

Network Settings(ネットワーク設定)

Network Settings(ネットワーク設定)

ネットワーク設定画面の詳細
UEFI iSCSI 設定

Network Settings(ネットワーク設定)画面を使用して、PXE デバイス設定を変更できます。ネットワーク設定オプションは UEFI モードでのみ使用可能です。

ネットワーク設定の表示

Network Settings(ネットワーク設定)画面を表示するには、次の手順を実行します。

1.
2.
F2 = System Setup
3.
System Setup Main Menu(セットアップユーティリティメインメニュー)画面で、System BIOS(システム BIOS)をクリックします。
4.
System BIOS(システム BIOS)画面で、Network Settings(ネットワーク設定)をクリックします。
ネットワーク設定画面の詳細

Network Sttings(ネットワーク設定)画面の詳細は、次の通りです。

オプション
説明
PXE Device n(PXE デバイス n)(n = 1~4)
デバイスを有効または無効にします。有効の場合は、UEFI 起動オプションをデバイスに作成します。
PXE Device n Settings(PXE デバイス n 設定)(n = 1~4)
PXE デバイスの設定を制御できます。
UEFI iSCSI 設定

iSCSI 設定画面を使用して、iSCSI デバイスの設定を変更できます。iSCSI 設定オプションは UEFI 起動モードでのみ使用可能です。BIOS 起動モードでは、BIOS はネットワーク設定の制御を行いません。BIOS 起動モードの場合は、ネットワークコントローラのオプション ROM でネットワーク設定を処理します。

UEFI iSCSI 設定の表示

UEFI iSCSI Settings(UEFI iSCSI 設定)画面を表示するには、次の手順を実行します。

1.
2.
F2 = System Setup
3.
System Setup Main Menu(セットアップユーティリティメインメニュー)画面で、System BIOS(システム BIOS)をクリックします。
4.
System BIOS(システム BIOS)画面で、Network Settings(ネットワーク設定)をクリックします。
5.
Network Settings(ネットワーク設定)画面で、UEFI iSCSI Settings(UEFI iSCSI 設定)をクリックします。
UEFI iSCSI 設定の詳細

UEFI iSCSI 設定画面の詳細は、次の通りです。

オプション
説明
ISCSI Initiator Name(iSCSI イニシエータ名)
iSCSI イニシエータの名前を指定します(iqn 形式)。
ISCSI Device n (n = 1 to 4)(iSCSI デバイス n(n =1~4))
iSCSI デバイスを有効または無効にします。 無効の場合は、 UEFI 起動オプションが iSCSI デバイスに対して自動的に作成されます。
Related Documents

The document was helpful.

Select Rating

I easily found the information I needed.

Select Rating